保育士ってどんな仕事?

保育士=子供のお世話をするというイメージが強いでしょう。

 

基本的には、0歳〜6歳までの乳幼児への保育がメインの仕事となります。

 

保育士の転職サイト選び※転職するならどこがいい?

 

しかし、保育士の仕事はただ親から子供を預かって、身の周りのお世話をするだけではないんです。

 

もちろん、子供たちと一緒に遊んだり、お着替えを手伝ったり、食事の補助をしたり、トイレに連れて行ったりと身の回りのお世話がメインにはなるものの、そのほかにも部屋の掃除、ごはんの準備、連絡帳への記入、保護者への伝達など様々な雑務があります。

 

保育士の仕事は、子どもたちの生活全般のお世話をしつつ、子どもたちの心身の発達を促進させ、社会性を養うことを役割としています。

 

食事、睡眠、衣類の着脱、排せつなどの基本的な生活習慣を身に着けさせることはもちろんですが、他の子どもたちと仲良くするなど人間関係の構築の仕方を学ばせることも、重要ですよ。

 

そのほか、地域との交流を深めたり、教材を考えたり、イベントや行事の計画、立案、実行なども保育士の仕事となります。

 

その仕事内容は多岐にわたっていますよ。

 

保育士の給料や待遇は?

保育士は他の職業と比べても、収入はそれほどよくありません。

 

しかし、待機児童問題や、保育士不足の現状で、仕事業務は激務で、国政でも保育士の処遇改善が議論されています。

 

保育園には、公立保育園と私立保育園があり、それぞれ年収には差があるんです。

公立保育園で働く保育士は、公務員という扱いになり、平均年収は常勤で335万円、非常勤で207万円です。

 

一方、私立保育園で働く保育士の平均年収は、常勤で314万円、非常勤で202万円となります。

 

公立保育園と私立保育園の年収を比較してみると、20万円以上の差があることが分かりました。

 

ただ、私立保育園の年収は、それぞれの園によってばらつきが大きいです。

 

公立保育園並みの年収が稼げる保育園もあれば、かなり安月給となる私立保育園もあるでしょう。

 

次に、保育士と幼稚園教諭の年収を比較してみましょう。

 

保育士と幼稚園教論諭はそれぞれ国家資格であるものの、資格が異なります。

 

仕事内容は似ていますが、働く場所が保育士は保育園やこども園、幼稚園教諭は幼稚園です。

 

気になる年収は、保育士も幼稚園教諭もほとどん変わりません。

 

幼稚園教諭においても、保育士と同様、働く園によって、年収や昇給のしやすさ、福利厚生などは異なります。

 

年収のよい園で働くことが大事でしょう。

 

保育士を辞めたい理由

 

保育士の転職サイト選び※転職するならどこがいい?

 

理由1 保育園内の人間関係

保育園を辞めたくなる理由として多いのが、人間関係です。
人間関係が原因で、仕事を辞める人、転職するという人はどの業界においても多いでしょう。

 

人間関係が悪く、働きにくい環境の場合だと、モチベーションもアップしません。

 

特に保育園は、女性が多く働く場所なので、女性同士の複雑なもめごとも起こりやすいです。

 

理由2 業務量や残業が多い

保育士の仕事は、ハードです。

 

子どもたちのお世話をしながら、並行して連絡帳へ子どもたちの様子を記載したり、雑務をこなしたりしなければなりません。

 

そのため、子どもたちが帰ってからも、たくさんの雑務をこなさなければならず、残業もかなり多い保育園もあるでしょう。

 

仕事量も多く、残業時間が長引けば長引くほど、仕事を辞めたいと思う人も増えてしまいます。

 

理由3 園長や施設長に対して不満がある

保育園やこども園の方針や、園長に対して不満を抱えている人も多いでしょう。

 

何かトラブルが起こったときに、責任を押し付けられた、園が守ってくれなかったという経験をされた方もいます。

 

職員が安心して働ける環境ではない、事業者側の利益ばかり追求されて保育士の処遇を改善してくれない…と感じていう保育士は、仕事を辞めたくなってしまうでしょう。

 

理由4 給与が安い

保育士は激務で仕事量も多く、残業時間も長いのに、給料は安いです。

 

安月給なことが、仕事を辞めたくなる大きな要因になってしまいます。

 

また、お休みを取りにくい、土曜日も出勤しなければならない…といった部分にも不満を感じている保育士も多いです。

 

頑張って働いていても、給料が安いのは、つらいですね。

 

理由5 保護者との関係

保育士は保護者ともうまく関係を構築しなければなりません。

 

しかし保護者の中には、クレーマーのような人もおり、ちょっとしたトラブルですぐに怒鳴りつけてくるような保護者もいます。

 

保護者とうまく付き合っていかなければいけない、保護者とのやりとりが怖いと感じている保育士も多く、保護者との関係がうまくいかず辞めたいと思う保育士はたくさんいますよ。

 

保育士の就職事情

保育士不足のこともあり、保育士の求人情報はたくさん出ています。

 

そのため、働く場所を選ばなければ、すぐに就職先は決まるでしょう。

 

保育士としての働き方は多様化しています。

 

新卒採用で保育園で勤務をする場合、常勤で正社員として働く保育士のほかに、一定期間、派遣先の保育園で働く派遣保育士もいます。

 

派遣保育士は、派遣会社に勤めていることになるので、給与は派遣会社から支払われ、福利厚生なども派遣会社側の条件となるのです。

 

一定期間、派遣先の保育園で働いた後に、そのままその保育園の正社員になるケースもありますよ。

 

また、正社員や派遣社員だけではなく、アルバイトやパートタイマーの保育士も多く活躍しています。

 

アルバイトやパートタイマーの保育士は、担任は持たず、担任の補佐や、雑務を担当する場合が多いでしょう。

 

時間も1日4〜5時間程度、週に2〜3日ほどしか働きパートタイマーもいます。

 

特に、出産や子育てで一度現場を離れた保育士が、パートやアルバイトの保育士として復帰するケースがほとんどです。

 

保育士の転職事情

保育士の転職サイト選び※転職するならどこがいい?

保育士は、離職率が高い職業であり、転職する人も非常に多いです。

 

人間関係のもつれや、給与が安いこと、福利厚生に不満があるなどで、今まで働いていた保育園を辞めて、新しい保育園に転職するという人はたくさんいらっしゃいます。

 

 

また結婚、出産を機に、一度保育士の仕事を完全にやめて、子育てに専念していたママさんが、子育てが落ち着いた後に保育園に復職するというケースも多いです。

 

これまで働いていた保育園を円満に退職できれば、きちんと退職金も支払われますし、有給も消化しやすいでしょう。

 

退職を希望する場合には、話を切り出すタイミングが大切で、現場に迷惑をかけないようにしなければなりません。

 

年度末などでの退職であれば、保護者にも、他の保育士にも迷惑がかかりにくいですよ。

 

 

保育士の転職では、これまでのキャリアや、面接を重視しています。

 

子どもとかかわる時間が長い保育士は、人柄を重視して選考されることが多いでしょう。

 

基本的に、どの保育園も人員不足の状態なので、これまでの経験がない中途採用の保育士であっても、採用されるケースもあります。

 

保育士の転職相談サービス

保育士バンク!
https://www.hoikushibank.com/

 

保育園の求人件数が業界トップクラスで非公開求人も多い
経験豊富なコンサルタントが履歴書の書き方から面接までサポート
雇用条件の交渉に強く、求人情報以上の高待遇を引き出してくれる

 

保育士バンク!は、日本最大級の保育士転職サイトです。

 

求人数が圧倒的に多いので、月給のよい保育園に転職したい方、残業がほとんどない保育園で働きたいなどの、条件に合わせた求人が見つけやすいでしょう。

 

また、保育士バンク!では未経験者や、保育業界を離れてからブランクが長い方の復職へのサポートも手厚いです。

 

元保育士のコンサルタントが、悩みに向き合ってくれ、履歴書の書き方から面接必勝法まで徹底的にサポートしてくれますよ。

 

内定辞退したいという場合にも、コンサルタントがすべて対応してくれるので、自分に合った理想の職場を納得いくまで探すことができるでしょう。

 

転職後のアフターフォローもしっかりしているので、何かあった時もすぐに相談できますよ。

 

保育ひろば

https://hoiku-hiroba.com/

 

日本全国の保育士求人は12000件以上、業界トップクラスの多さ
雇用形態、施設形態などこだわり条件での検索が可能
給料交渉や内定辞退は全てエージェントが行ってくれるので安心

 

保育ひろばは、お客様満足度94.2%を誇る保育士転職サイトで、利用者の支持率が非常に高いです。

 

日本全国の保育士求人が掲載されており、業界トップクラスの12000件の求人があります。

 

また、一般公開されていない、好待遇の非公開求人が多いのも魅力的。

 

保育ひろばの登録者だけが紹介を受けられる保育園求人もたくさんありますよ。

 

保育ひろばが人気の理由は、ずばり「使いやすさ、検索のしやすさ」です。

 

雇用形態、施設形態はもちろんですが、残業少なめ、交通費支給、土日休み、オープニング求人、社会保険完備、ブランク歓迎、駅近などのこだわり条件での検索もできますよ。

 

エージェントによる条件交渉力も高く、手厚いサポートも受けられます。

 

マイナビ保育士

マイナビ保育士

首都圏求人情報が多い
東京、神奈川、埼玉、千葉の関東圏の保育士求人に強い
大手マイナビ運営で、カウンセリングが丁寧で安心できる
転職対象エリア:埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪、兵庫

 

マイナビ保育士は転職、就職サイトの大手であるマイナビグループが手掛ける保育士転職サイトです。

 

東京、神奈川、埼玉、千葉の求人限定ですので、関東圏で保育士求人を探している方にぴったり。

 

月給20万以上、年間休日120日以上などの好条件の求人が多いです。

 

転職エージェントと、保育園や施設のつながりが強いので、それぞれの保育園の運営方針、園長先生の人柄、職場の雰囲気などの知りたい除法を面接前に知ることができます。

 

働きやすい環境かどうかを、事前に知ることができるのはうれしいですよね。

 

 

そのほか、マイナビ保育士では登録された方が参加できる、保育士さんのスキルアップセミナーも開催しています。

 

即実践で使える技術が学べるセミナーを、頻繁に開催してくれているので、ブランクのある保育士に大変人気がありますよ。

 

保育士転職ナビ

https://hoiku-tenshoku.jp/lp4/?code=at

 

厚生労働大臣認可を受けた保育士専門のお仕事サービス
日本最大級の非公開求人数があり、高給与求人も多い
管理職求人が豊富で、キャリアアップしたい保育士にぴったり

 

保育士転職ナビには、保育士転職ナビでしか取り扱いしていない求人情報がたくさんあります。

 

特に非公開求人数は豊富で、高給与の好条件求人が多いことでも知られていますよ。

 

管理職求人数は、業界最大級といわれており、キャリアアップを目指す保育士さんに人気を集めているんです。

 

 

また、保育士転職ナビは保育園の内部情報に精通しているため、転職する前に保育園の内情を知ることができます。

 

働きやすい環境の保育園へ転職が可能でしょう。

 

口コミがよい保育園を優先的に紹介してくれるので、転職先でまた失敗してしまう・・・ということが少ないです。

 

 

求人紹介の年齢も20〜50代と幅広いですが、対応エリアは東京、神奈川、千葉、埼玉などの関東圏限定になります。

 

保育士の免許を取るまでの流れ

保育士の免許取得方法は以下の通りです。

 

保育士の転職サイト選び※転職するならどこがいい?

 

・保育士養成学校に通う(大学、短大、専門学校)

大学や専門学校など養成学校に通うと、所定の単位を取ることで卒業と同時に保育士資格を取得できます。

 

カリキュラムの中には、ピアノなどの実技や、保育園での実習なども含まれており、最低でも2年通わなければなりません。

 

・保育士試験に挑戦する

保育士養成学校に通わずに、保育士の資格を取得するためには、国家試験である保育士試験に合格する必要があります。

 

保育士試験に合格すれば、保育士の資格を取得できるのです。

 

保育士試験は、自分で独学で勉強して受験することも可能ですので、社会人や主婦になってから保育士を目指す方は保育士試験を受験される方が多いでしょう。

 

保育士試験の受験は年に2回あり、試験会場は都道府県ごとに最低1箇所はあります。

 

合格率は平均20%程度です。

 

保育士試験には、受験資格があります。

 

4年制大学、短大を卒業した方、2年以上の専門学校を卒業した方が受験資格を得られます。

 

高卒や、中卒で保育士試験を受験したい場合には、一定期間以上保育関連の施設で働くことで、受験が可能です。

 

受験科目は、筆記試験と実技試験があり、筆記試験は保育原理、教育原理、社会福祉など全9科目すべてに合格しなければなりません。

 

筆記試験に合格すると、次は実技試験です。

 

実技試験では、音楽、造形、言語の3科目の中から2科目を選択して受験を行います。

 

保育士のキャリアアップや研修について

平成29年度4月に厚生労働省が、保育士等キャリアアップ研修とそのガイドラインを定めました。

 

この保育士のキャリアアップ研修は、保育士の待遇向上と専門性の強化が目的とされています。

 

この保育士のキャリアアップ研修によって、保育士のキャリアの指針が明確になり、保育士さんが自分でキャリアを描きやすくなったのです。

 

 

保育士のキャリアアップ制度は、キャリアアップを図りやすいように目的毎に指針を決めて、研修を実施する制度になります。

 

スキルアップすることで、給与もあがりますし、保育士の処遇改善につながるでしょう。

 

 

キャリアアップ研修を受講して、知識やスキルを高め、副主任保育士や専門リーダーという役職につくことができます。

 

勤続年数が7年以上あり、キャリアアップ研修を受けて副主任保育士、専門リーダーになれば、1ケ月あたりの手当が4万円も支給されるのはとても大きいですね。

 

保育士が幼児教室で働く場合

幼児教室とは、幼稚園に入園する前、小学校入学前のお子さんが集団生活に慣れるために、数時間親元から離れて遊んだり、お勉強をしたりする教室です。

 

幼児教室には、知育系、スポーツ系、芸術系、語学教育系、受験対策系など、タイプが分かれています。

 

捩教室で働く先生は、幼稚園教諭や保育士の資格を持っている人がほとんどです。

 

 

幼児教室での仕事内容としては、カリキュラムを作成して、クラスの責任者として子供たちの指導を行います。

 

学習がメインであっても、楽しく慣れ親しむ指導を行わなければなりませんし、子供たちにいかに興味をもってもらうか?が重要です。

 

それぞれの子供たちに合わせてサポートを行い、雑務もたくさんあります。

 

幼児教室への問い合わせ対応、生徒のデータ管理、イベントの手伝い、教材や受講料などの会計処理なども保育士であるスタッフが行う幼児教室が多いです。

 

 

給料に関しては、幼児教室によって異なりますが、保育士とそれほど大差はありません。

 

パートタイマーとして幼児教室で働く場合には、時給は1000円前後の場合が多いでしょう。

 

待機児童問題と課題

女性の社会進出が増えているため、お子さんが小さいうちから働きにでるお母さんは多いです。

 

そのため、子どもを預ける保育園が不足して、保育園に入園させることができない「待機児童問題」が起こってしまいます。

 

平成30年4月時点で20000人近い待機児童がいると発表されており、隠れ待機児童と合わせると、7万人はいるという現状です。

 

 

待機児童が増えた原因は、先ほども話した通り、共働き世帯の増加があります。

 

女性の就業率は、74%まで上昇しており、保育施設の需要が明らかに高まっているのです。

 

さらに、保育士不足も待機児童が増える原因になっています。

 

保育士は離職率が高く、保育需要の増加に対して、保育士の確保が全く追いついていません。

 

待機児童問題を解消するためには、保育士の確保が最重要です。

 

保育士人材を育成して、離職しないための就業継続のサポートを行う必要があります。

 

助成金の活用を促進や、離職防止のための研修支援などがあります。

TOPへ